タイヤに小さなひび割れがある!そのまま使用すると危険?交換は必要?

CAR

「タイヤをなにげなく見たら、小さなひび割れが…」

このようにタイヤに小さなひび割れを発見したとしても特別なことではないのでそこまで焦る必要はない。

しかし、小さなひび割れがあった場合でも、やはりタイヤ交換をしなはければいけないのかと悩んではいないだろか?

そこで今回は、自動車のタイヤに小さなひび割れがあるとタイヤ交換が必要なのかについて解説していこうと思う。

地味だがとても重要なことなので、この機会にじっくりと読み進めてしっかり把握しておこう。

 

スポンサーリンク

タイヤの小さなひび割れとは:

自動車に使われているタイヤは、ゴムを主な素材としているので劣化など経年によるひび割れの発生は、決して避けることはできない。

タイヤのトレッド部文やサイドウォール表面に細かく小さなひび割れが発生しているくらいならそのまま使用を続けても問題のない軽度な割れだといえる。

この場合、即タイヤ交換が必要になるほどではないので安心してほしい。走行にも問題はないが、日常点検でひび割れの状態を確認するようにしよう。

ひび割れの中でも特に危険度が高いとされているのが線状のひび割れ。

小さなひび割れはとは違い、割れている部分が連続することでタイヤに線状のひびが入ってしまった状態を意味する。

ひび割れがタイヤの深い部分まで達していてその深刻度は高い。さらにタイヤの内部にまで悪影響を与える可能性があることからバーストがすぐにでも発生しかねない危険な状態だと言える。

 

小さなひび割れがあるタイヤはそのまま使用できるのか:

タイヤの小さなひび割れを長期間放置すると、ひびが進行して線状の割れを発生させる原因になる場合もある。

線状にひび割れしているタイヤは、前述したように突然的に発生するバーストなどの不具合を招く可能性が高くなってしまうので特に注意しなけれならない。

たとえバーストにはいたらなくとも、タイヤの空気圧が徐々に漏れて少なくなり、タイヤの寿命にも悪影響を与えることになる。

また、空気圧が少なくなることで燃費が悪くなったり、走行しているときに通常とは異なる振動や横触れを感じるなどの走行に関わるさまざまな不具合が、発生する可能性も高まる。

このように、タイヤのひび割れが小さなものでも決して楽観視せずに状態を定期的に点検して、大きなひび割れが発生していた場合であればそのまま放置することなく、タイヤ交換など早めの対処が重要になることを覚えておこう。

 

ひび割れがないタイヤでも交換が必要な場合もある:

ひび割れによる交換が必要かを判断するにはやはりタイヤの状態次第。

ひびの種類、大きさ、深さによってはタイヤ交換の一つの目安にはなるが、ひび割れがない=タイヤ交換は必要ないをという意味ではない。

基本的にひび割れは、経年によるゴムの劣化によって起こるため、製造年度が新しいタイヤであれば走行距離が多い、残溝が少ない等の場合でも、ひび割れが発生していないこともある。

つまり、ひび割れの有無だけがタイヤ交換すべき判断基準ではなく、他にも走行距離、使用年数、残り溝、使用年数、ひび割れ以外のダメージなどを確認し、総合的な視点でタイヤ交換が必要かをジャッジする必要があるということだ。

タイヤのひび割れがないからといって「交換しなくてもいい」という判断はせず、タイヤの現状を把握したうえで、適切な時期でのタイヤ交換が大切になる。

タイヤのひび割れについての知識がない方ならそうした適切なタイミングとなる交換時期が分からず判断に困ることも少なくないはずだ。

「このひび割れは危険なのか」「このまま使用できるのか」このように使用しているタイヤのひび割れについて少しでも不安がある場合は、タイヤについて知識のあるカーショップやディーラーなどに相談するようにしよう。

 

ひび割れの点検なら硬度計がおすすめ:

ご自分で判断するなら、タイヤがどれだけ硬化しているのか計測できるこのようなゴム硬度計の使用をおすすめする。

ゴムが硬いとそれだけタイヤが割れやすくなっているかが把握できるので心配な方は、日常点検に使ってみるとさらに安心だ。

タイヤのひび割れで悩んでいるあなたにとって役に立てて頂けたら嬉しい。

 

トップへ戻る