油圧ジャッキのオイル交換!点検方法・注意点・入れ方の手順を徹底解説します。

CAR

油圧式のフロアジャッキのジャッキのオイル交換をしようとしてみたものの、交換方法をどうしたら良いのかわからない…という方のために、今回は油圧ジャッキのオイル交換の手順を詳しくまとめてみました。

油圧ジャッキのオイル交換に対して、そこまで神経質になる必要はありませんが、交換作業は安全に関わるので方法が正しいか気になる…という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

油圧ジャッキオイル交換の注意点:

まずは、油圧ジャッキのオイル交換についての基礎知識のところからしっかりと解説していこうと思います。

セーフティーバルブは弄らない:

画像の赤丸の部分にあるパーツは、セーフティーバルブと呼ばれており、必要以上の負荷がかかった時に、このセーフティーバルブから圧を抜いてジャッキ本体を守る役割があります。

このセーフティーバルブを不用意にいじってしまうと、油圧ジャッキのリリース位置が変わってしまう危険性があります。リリース位置が変わると、ジャッキが正常に動作しなくなる可能性があり、大変危険なので注意が必要です。

リリーフバルブと間違える方がいますが、セーフティーバルブは画像の様に先端部分が目立つように色分けされている事が多いです。油圧ジャッキのオイル交換を始める前に、セーフティーバルブを間違って操作しないよう位置をよく確認してから作業を開始しましょう。

廃棄するオイルの捨て方:

オイルを抜く作業を始める前に、抜いたオイルを入れる容器を用意しましょう。

今回は、家にあるものを代用したので2ℓのペットボルトをハサミで切って底の部分をオイルの入れ物にしました。

 

油圧ジャッキのオイル交換の手順:

それでは以下から、代用したオイルを使った油圧ジャッキのオイル交換方法を紹介します。

1.  油圧ジャッキのカバーを外す:

フロアジャッキ内のオイルを抜くには、オイルプラグと呼ばれている、栓の役割があるパーツがどこにあるか探さなければいけません。

この油圧ジャッキの場合は、カバーの奥にオイルプラグがあるので、カバー左右の側面にあるボルトをメガネレンチで緩めて外します。

カバーを外すと、このようなゴム製のオイルプラグがあるので取り外しておきましょう。

少し硬いですが、指で簡単に取れます。

2.  ジャッキオイルを抜く:

オイルプラグを確認したら、次は劣化したジャッキオイルを抜く作業に入ります。

まずは、油圧ジャッキのリリーフバルブを緩めて圧力のかかっていない、無負荷状態にします。

オイルプラグから古いオイルを出来る限り出し切りたいので、ジャッキをこんな感じで裏返しにします。

そのままだと抜け切らないので、左右に傾けてしっかりジャッキオイルを出し切ります。

抜いた油圧ジャッキオイルはこちら!

かなり黒く汚れていますね。

新しいオイルと比べると透明感が全然違います。

3.  オイルを入れる:

しっかりと古いオイルを抜いたら、新しいオイルを油圧ジャッキに入れていきます。

フロアジャッキ専用オイルは値段も高いし、量も少ないので今回、代用オイルとしてAZ(エーゼット) タービンオイル(ISO VG32)を使います。

タービンオイルは、油圧ジャッキ用ではありませんが、ジャッキオイルに必要な性能は十分に満たしていますから使用しても問題ありません。

一般的に、油圧フロアジャッキ(2t)のオイル使用量は100ml前後と以外に少ない量なので、ぼんやりしているとオイルを入れすぎて溢れることがあります。

溢れると後始末が大変なので、オイル量に注意しながら作業しましょう。オイル量の目安は、オイル注入口から下に1cmまでオイルが入ったら丁度良いいオイル量です。

4.  エアーを抜く:

新しい代用オイルを入れ替えたら、油圧ジャッキのエアーを抜く作業をします。

オイル交換するとジャッキ内のオイルに空気が入ってしまうので、いつも使っている様にジャッキハンドルを使いエアーを抜いていきます。

そのとき、リリーフバルブを開放状態にし、ハンドルの上げ下げを10回ほど繰り返せばエアー抜きは完了です。あとは、作動確認のためにリリーフバルブを締めて、ジャッキを上げた状態で高さが維持できていればOKです。

 

油圧ジャッキのオイル交換まとめ:

油圧ジャッキは、いつかオイル交換が必要になりますが、交換作業は面倒なものです。

今回、オイル交換した油圧ジャッキは、約1年前にもオイルを交換したのですが、たった1年しか持ちませんでした。

交換の時期が早まった理由は、ジャッキアップの状態で長時間足回りの作業をしてしまったからです。やはり油圧ジャッキは、車の車体を上げるだけのアイテムと割り切ることが必要で、ジャッキアップしている時間の長さに関係なく、ジャッキスタンド(ウマ)を使うべきですね。

トップへ戻る