ブリジストン ネクストリーの特徴を徹底解説!人気と安い理由などNEXTRYについて詳しく紹介します。

CAR

「夏タイヤには、そこまでのこだわりは無いが、安くて普通に使える国産タイヤがいい!」

という方に、ネクストリーが超おすすめです。

タイヤ性能とコスパのバランスを考えればネクストリーでほぼ決まりかも!?

そこで今回は、ブリジストンネクストリーの特徴に関して詳しく解説致します。タイヤ性能や人気の理由、なぜ安いのか、などを知りたい方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ネクストリーの基本知識:

BRIDGESTONE(ブリヂストン)は国内でも人気のタイヤメーカーですよね。

その中でも、人気を集めているのはリーズナブルなNEXTRY(ネクストリー)です。

サイドウォールにecopia(エコピア)と標記されているのは燃費に関する走行性能の良さがうかがえますね。

ネクストリーのようにブリヂストンがECOPIAブランド以外のタイヤにエコピアマークを刻印しているものは、RRCグレード(値転がり抵抗指数)がA以上であり、WETグレード(ウェットグリップ性能)がd以上の性能があるタイヤだけです。

ナノプロ・テックと呼ばれているブリジストンが開発した先進技術を導入され、転がり抵抗を少なくた燃費の良いタイヤです。低燃費なタイヤなのに基本的な性能は犠牲にしていないといわれています。

ネクストリー の製造国:

ネクストリーは国産タイヤだけではなく、台湾やタイでも製造されているようで製造ロッド次第では原産国に違いがあります。

ブリヂストンなのに海外で製造されているのは少し驚きですが、日本国内より東南アジアで製造した方が生産コストを抑えられ、その分、価格が安くなります。

最近は日本製が多いようですが、気になる方は、事前に販売店に聞いた方がいいでしょう。

ネクストリーのタイヤ性能:

ネクストリーのタイヤ性能にのフィーリングは、THEスタンダードタイヤという言葉がぴったり。

具体的には、路面を捉えるグリップ性能や乗り心地、燃費性能など可もなく不可もなくといった印象です。わかりやすい言い方だと、基本タイヤスペックは備えている普通のエコタイヤという感じ。

ネクストリーのゴム質はやや硬めで耐摩耗性にも優れていますが、快適性を確保する為に、タイヤサイドを柔らかくして乗り心地を確保しています。アジアンタイヤなどの輸入タイヤに見受けられる、ロードノイズや真円性の問題もほぼないでしょう。

タイヤサイズの種類が豊富:

ネクストリータイヤサイズが沢山!

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • ミニバン
  • セダン
  • ミドルSUV    など

幅広い車種に使用できるようにベーシックな定番サイズからレアなサイズまで、細かく設定されていて非常に種類が多いです。

ネクストリーの価格:

ブリヂストンは国内でも人気のタイヤメーカーであることから販売価格が高いという想像をお持ちの方も少なくないと思います。

価格が安いタイヤの筆頭にくるのはアジアンタイヤですが、実際のところそのアジアンタイヤネクストリー価格を比較してもそれほどの価格差はありません。

国産タイヤと比較してみてもネクストリーは1、2を争うくらいの低価格で、“コスパ最強”だといえるでしょう。

なぜ安い?ネクストリーが安い理由

では、なぜネクストリーは安いのでしょうか。

日本国内のみならず、海外でも知名度の高い有名タイヤメーカーであるブリジストンのタイヤなのに何故…。そんな疑問の答えをまとめたのでご紹介していきます。

ネクストリーが安い理由はこの2つ。

  • 海外でも製造されている
  • ブリヂストンの販売戦略

以下から詳しく解説しているので確認していきましょう。

① 海外でも製造されている:

ネクストリーは前述したように、日本国内だけではなく台湾やタイなど東南アジアでも製造されています

原材料の費用や人件費などは日本で製造するよりも当然安くなりますし、価格が安いなら販売数も必然的に多くなるため大量に生産することになります。

大量生産することで、タイヤ1本の単価はさらに安くなっていくでしょう。

このような流れで生産コストを安くし、それをタイヤの価格に反映しているのがネクストリーが安い理由のひとつだと言えるでしょう。

② ブリヂストンの戦略:

ネクストリーは、人気タイヤメーカーのブランドイメージからは想像できないくらい安いです。

国産タイヤは高め、という考えが一般的だと思いますが、買いやすい低価格帯のタイヤをラインナップすることで新たなユーザーの獲得こそがブリヂストンの本当の狙いなのかもしれません。

つまりブリヂストンの戦略だと推測でき、ネクストリーが安い2つ目の理由だと言えるでしょう。

もちろんネクストリーよりも安価なタイヤもありますが、価格よりも日常的に使用するものだから知名度の高いタイヤメーカーのものを!と考える方も少なくないです。

価格帯が同じ輸入タイヤとネクストリーを天秤にかければ、ブリヂストンを選びたくなりますよね。

私も実際、知り合いから「国産メーカーで安くておすすのタイヤは?」と聞かれたら、「ネクストリーかグッドイヤー」をおすすめしています。

ネクストリーはなぜ人気があるの?

ネクストリーが人気を集めているのは、格安でありながらも国産メーカーであり、ブリジストンのタイヤだからではないでしょうか。

輸入タイヤとネクストリーどちらが信用できるのかを考えても、海外メーカーより国産タイヤメーカーの方が断然、信用度は高いですよね。

安くても国産メーカー ブリヂストンのタイヤという安心感が、ネクストリーが人気の理由だと言えるでしょう。

ネクストリーを安く買う方法!安い販売店はどこ?

ネクストリーはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのインターネット通販での販売もありますし、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも販売されています。

実店舗よりAmazonや楽天市場の方が安く販売されているので、ネット通販で買う方がお得に購入できます。

ただ実店舗での購入ではないため、交換工賃がタイヤ持ち込みだと少し割高になるかもしれませんが、それ以上にネット通販と実店舗での価格差が大きいですし、取り付け費用込みで考えても、ネクストリーを安く買うならネット通販での購入が断然おすすめです

ネクストリーを使ってみよう!:

今回はブリヂストン ネクストリーについて解説しましたが、いかがでしたか。

あまりにも他のメーカーのよりも安いと逆になにかデメリットがあるのかな…と考えてしまうかもしれませんが、性能も悪くないですし、コスパに関しては最強と言ってもいいくらいです。

この記事を通してネクストリーの基礎知識、安い理由などの理解が深まっていただけたなら幸いです。

以上、「ブリジストン ネクストリーの特徴を徹底解説!人気と安い理由などNEXTRYについて詳しく紹介します。」という記事でした。

トップへ戻る