ブリジストン ネクストリーの特徴を徹底解説!人気と安い理由などNEXTRYについて詳しく紹介します。

タイヤ

「夏タイヤには、そこまでのこだわりは無いから安くて普通に使える国産タイヤがいい!」

という方にはネクストリーが特におすすめです。

タイヤ性能とコスパのバランスを考えればネクストリーでほぼ決まりかもしれません。

そこで今回は、ブリジストンネクストリーの特徴に関して詳しく解説致します。
タイヤ性能や人気、安い理由などを知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ネクストリーの基本知識:

BRIDGESTONE(ブリヂストン)は国内でも人気のタイヤメーカーですよね。

その中でも、人気を集めているのはリーズナブルなNEXTRY(ネクストリー)です。

サイドウォールにecopia(エコピア)と標記されているのは燃費に関する走行性能の良さがうかがえますね。

ナノプロ・テックと呼ばれているブリジストンが開発した先進技術を導入され、転がり抵抗を少なくた燃費の良いタイヤです。

低燃費なタイヤなのに基本的な性能は犠牲にしていないといわれています。

なぜ人気があるの?

ネクストリーが人気を集めているのは、格安で国産メーカーのブリジストンだからではないでしょうか。

実際、ネクストリーをネット通販で人気のアジアンタイヤと比較してもそれほどの価格差もないので、信用できるかどうかを考えればブリジストンを選ばれるのは当然だともいえます。

ネクストリー の製造国:

ネクストリーは国産タイヤだけではなく、台湾やタイでも製造されているようで製造ロッド次第では原産国に違いがある場合があります。

日本製が多いようですが気になる方は、購入前に一度お問い合わせした方がいいと思います。

ネクストリーのタイヤ性能は?

使用された方の使用した感想やタイヤ性能に関してのフィーリングは、THEスタンダードタイヤという言葉がぴったり。

具体的には、路面を捉えるグリップ性能や乗り心地、燃費性能など可もなく不可もなくといった印象です。

わかりやすい言い方だと、基本タイヤスペックは備えている普通のエコタイヤという感じです。

ネクストリーのゴム質はやや硬めで耐摩耗性にも優れていますが、快適性を確保する為に、タイヤサイドを柔らかくして乗り心地のポイントである、クッション性をだしているようです。

タイヤサイズの種類が豊富:

ネクストリーはサイズが沢山あり、

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • ミニバン
  • セダン
  • ミドルSUV    など

幅広い車種に使用できるようにサイズが細かく設定されていて種類が多いです。

アジアンタイヤなど輸入タイヤに見受けられるロードノイズや真円性の問題もほぼないリーズナブルな国産タイヤです。

ネクストリーの価格:

ブリヂストンは国内でも人気のあるタイヤメーカーであることから販売価格が高いという想像をお持ちの方も少なくないと思います。

とはいえ、人気メーカーのブランドイメージに捉われない手頃な価格帯の選択肢をプラスすることで自社の新規ユーザーを獲得するのが狙いなのかもしれませんね。

ただ海外製タイヤの中にはネクストリーよりも安価なタイヤもありますが、やはりそこは価格よりも日常的に使用するものだからブリジストンタイヤという安心に対して投資するというのが実情だと思います。

例えば、私が知り合いに「国産メーカーで安くておすすのタイヤは?」と聞かれたら、ネクストリーかグッドイヤーをおすすめしています。

トップへ戻る