ハンコックタイヤはうるさい?うるさいと言われる理由を徹底解説します。

CAR

ハンコックのタイヤはうるさいのか?という質問をよくいただく。

たしかに昔のハンコックタイヤは静粛性が低くロードノイズがうるさいというタイヤも存在した。

では、現在のハンコックタイヤもうるさいのだろうか。

今回は、そんなハンコックタイヤがうるさいと言われている理由を具体的に解説しよう。詳しくない方でも分かりやすい内容となっているので安心して読み進めてほしい。

スポンサーリンク

ハンコックタイヤがうるさいと言われる理由

まずハンコックタイヤがうるさいと言われる原因にはどんなものかを考えた時、次の2つに絞られる。

  • 価格が安い
  • 昔は性能が低かった

価格が安い

ハンコックタイヤと国産タイヤを価格で比べると、ハンコックタイヤの方が安くコストパフォーマンスに優れている。タイヤの銘柄次第では国産タイヤの半分もしくはそれ以下で購入できるタイヤも多い。

価格が安いのはメリットだが、逆にこれがあやまった先入観をもたせてしまっている可能性は否定できない。つまり価格が安いなら静粛性が低いだろうという思い込みにつながるからだ。

性能が低かった過去

以前のハンコックタイヤは国産タイヤよりも性能が低くく、国産タイヤの10年前の品質とも揶揄され評判が低かったことは事実だ。その当時のイメージをそのまま現在でも持ち続け結果、現在のハンコックタイヤも静粛性が低くうるさいのではないかと考える方も少なくない。

最近のハンコックタイヤへの評価は高い

ハンコックタイヤの評価は年々高まってきている。世界タイヤ売上高ランキングでも2019、2020年どちらも7位という高い実績は安心できる要素だ。

日本の国内タイヤメーカーの順位が、ブリジストンが2位、ヨコハマが8位であることを考えればハンコックの世界7位というのがいかに高い順位なのかが理解できるだろう。

さらに国内自動車メーカー各社やドイツのメルセデスベンツ、アメリカのGMが新車装着タイヤにハンコックタイヤを採用しているくらい世界的にも評価は高い。

静粛性の高いタイヤも沢山ある

世界的にも評価が高まっているハンコックタイヤ。最近では多様化するニーズに合わせてタイヤの種類も豊富にラインナップされている。グリップ性能が高いスポーツタイヤや燃費性能を重視した低燃費タイヤなど求める性能に合ったタイヤを選ぶことができる。

もちろん静粛性が高いタイヤも多く販売されている。逆に言えば、グリップや燃費を重視したタイヤは静粛性をコンセプトとしていないことからロードノイズは大きくなりうるさいと感じてしまうかもしれない。うるさくない静かなタイヤを求めるのであれば静粛性を重視したものを選ぶようにしよう。

おすすめの静粛性が高い人気タイヤ

では次に、おすすめの静粛性が高いハンコックタイヤを紹介していきたいと思う。
先ほども触れたが、ロードノイズの低減を目的として開発されたタイヤを選ぶか、選ばないかでは走行時のうるささに大きく影響する。

しっかりと抑えておこう。

ハンコック V12 evo2

V12 evo2はハンコックを代表するフラッグシップスポーツタイヤ。ドライ&ウェット性能が高く、コストパフォーマンスも高い。スポーツタイヤだが静粛性はかなり優秀。

アンフラン エコ H433(enfren eco H433)

燃費性能は最高クラスの実力。さらにはロードノイズ軽減ブロックを少なくすることで静粛性と乗り心地の向上を実現している。

ハンコックタイヤはちょっと…という方におすすめのタイヤ

ハンコックタイヤを装着するのはなんだか抵抗がある…とお考えの方は、他の海外メーカーのタイヤを検討してみよう。

価格的にはハンコックタイヤよりもうやや割高にはなるが高い知名度と安心感を得られるからおすすめだ。

ミシュラン プライマシー4(MICHELIN PRIMACY 4)

前のモデルのミシュランプライマシー3と比べ、静粛性とウェットブレーキング性能がさらに向上している。ミシュランプライマシーの特徴でもある、快適さや乗りの良さは流石のひとこと。また他のミシュランタイヤと同じく高い耐摩耗性も性能を長く保つことになるため大きなメリットだ。

コンチネンタル エココンタクト6 (EcoContact 6)

エココンタクト6は、コンチネンタルの夏タイヤの主力製品の1つ。欧州タイヤラベリング制度グレーディング最高の評価を獲得した信頼できるタイヤだ。乗り心地や静粛性も高く、タイヤサイズが14インチから豊富にラインナップしているため多くの車種で使用することができる。

トップへ戻る