トヨタ ヴァンガードの17インチ、18インチのおすすめタイヤ!純正タイヤサイズから夏タイヤを選んでみよう。

CAR

今回は、トヨタ ヴァンガードのおすすめタイヤを紹介していきたいと思います。

ヴァンガードの純正タイヤサイズは?このサイズの夏タイヤでおすすめってどれ?…という方はぜひ参考にしてください。

では早速みていきましょう。

 

スポンサーリンク

ヴァンガードの純正タイヤサイズ:

トヨタ ヴァンガードの純正タイヤサイズは標準仕様の17インチとオプション仕様の18インチの2種類になります。

それぞれの純正サイズは以下です。

標準仕様オプション
タイヤサイズ225/65R17235/55R18
タイヤ幅225mm235mm
偏平率65%55%
ホイール径17インチ18インチ

タイヤサイズの確認方法:

タイヤサイズの確認方法は以下の2種類になります。

① タイヤを見る:

タイヤのサイドウォール(側面)には、メーカー名や名称など様々な情報が表示されています。タイヤサイズも同じく刻印されているので確認しておきましょう。

写真のヴァンガードのタイヤの場合「225/65R17 101W」がタイヤサイズだということになります。

② 運転席側のドア内側のシールを見る:

2つ目の確認方法は、運転席側のドアを開けて内側に純正のタイヤサイズと適性空気圧が記載されているシールが貼ってあるので、ここを見ると確認することができます。

このヴァンガードの場合は「225/65R17 101W」が純正タイヤサイズだということになります。

 

ヴァンガードの17インチおすすめタイヤ3選:

タイヤサイズについてわかったところで、ここからはヴァンガードのおすすめタイヤを17インチと18インチに分けて紹介します。

では早速17インチからみていきましょう。

TOYO (トーヨータイヤ) エコタイヤ CF2S SUV:

SUV専用のエコタイヤでありながらAランクの転がり抵抗はかなり優秀。

価格・性能・日本製で選ぶなら自信を持っておすすめできる人気タイヤです。トレッドやサイドウォールのデザインも格好いいと評判です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ DUELER H/L850:

静粛性や低燃費性能などSUVに要求されることの多いポイントを大幅に強化し、その他のすべての性能もさらに進化したブリジストンのSUV専用タイヤ。

旧モデルと比較すると転がり抵抗を24%低減 。また、偏摩耗を抑制することでタイヤ寿命にも配慮されています。

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ SCORPION VERDE:

季節の変化による様々な路面状況に対応するSUV専用オールシーズンタイヤ。 走行性能や快適性のパフォーマンスも高くユーザー満足度は高い。

サマータイヤと遜色のないスペックでありながらスノータイヤとしての役割も果たす利便性の良さは魅力。

 

ヴァンガードの18インチおすすめタイヤ3選:

引き続き、18インチのおすすめタイヤを紹介していきます。

トーヨー(TOYO) PROXES スポーツ SUV:

高いウェット性能をもつハイパフォーマンスのスポーツタイヤ。

操縦安定性の良さと優れたブレーキ性能を実現しながらも低燃費性能とウェット性能についても定評がある。

ユーザー装着率も高いことから人気の高さがうかがえますね。

YOKOHAMA(ヨコハマ)BluEarth(ブルーアース) RV-02:

ウェット性能の最高グレードである「a」を獲得したブルーアース RV-02。

優れた燃費性能で雨の日でも安定感のある走行ができます。

MICHELIN(ミシュラン) プライマシー4:

静粛性・快適性に優れたプレミアムコンフォートタイヤ 。

旧モデルのMICHELINプライマシー3と性能面で比較するとウェット時のブレーキング性能が約13.3%向上し、履き始めてから履き終えるまでその性能は継続するので安心感があります。

また走行によるロードノイズの少なさや乗り心地の良さはワンランク上の快適性能を求めるユーザーにはジャストな選択肢だと言えます。

 

迷ったらエコタイヤがおすすめ!:

おすすめタイヤの中でどれにしようか迷ってしまう…とお考えの方にはエコタイヤを推薦いたします。

というのも、タイヤ交換の際に90%ほどの方がエコタイヤを選択されているからです。他のタイヤと比較して価格も手頃なものが多く、月々の燃料費も抑えられるのが理由としてあげられます。

迷っている方はもちろん、特にこだわりがない方にもおすすめです。

 

コストを抑えたいならアジアンタイヤもアリ:

ここまでヴァンガードのおすすめタイヤを紹介してきましたが、性能よりもとにかくコストを抑えたいと考えているなら「アジアンタイヤ」も視野に入れてもいいかと思います。

以前のアジアンタイヤは国産タイヤと比較した場合、性能が劣り不具合などが多くみられましたが現在では年々品質も向上してきているため、使用している方も多いです。

ヴァンガードのタイヤサイズは比較的大きなタイヤサイズになるので、アジアンタイヤを選ぶのも一つの手だと思います。

アジアンタイヤであれば、以下のタイヤが売れ筋なのでおすすめですよ。

GRENLANDER(グリンランダー) COLO H01 225/65R17:

中国のタイヤメーカー「GRENLANDER」。

最適化されたトレッドパターンによって静粛性能を高め、特徴的な大きな4本の溝で優れた排水性能があります。

価格面ではアジアンタイヤの中でも低価格なのでコストを抑えたいならおすすめです。

GRENLANDER(グリンランダー) ENRI U08 235/55R18:

こちらも同じく中国のタイヤメーカー「GRENLANDER」。

左右非対称パターンを採用することで高い静粛性と操舵安定性が向上。この特殊なトレッド面がより快適性を高めています。

17インチと同様に18インチでもコストを抑えるならこちらがおすすめ。

18インチになるとさらにタイヤ1本の価格差は大きくなるため性能はそこそこでいい…とお考えであれば是非とも選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:

今回は、ヴァンガードの純正タイヤサイズ・確認方法・おすすめのタイヤをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

タイヤ交換の予定があるのであれば、サイズや性能、価格などを把握しておくことがとにかく重要。そうじゃないとサイズが違って取り付けできないとか、取り付け後にタイヤ性能に不満が出てくるので、最終的に後悔することになりますからね。

以上、トヨタ ヴァンガードのおすすめタイヤ3選!純正タイヤサイズから夏タイヤを選んでみよう!…という話題でした。

 

トップへ戻る