キンフォレストKF550を徹底解説!評判・製造国・引っ張りについて詳しく知りたい方へ

今回は、キンフォレストKF550のタイヤについて徹底解説していきたいと思う。

スポンサーリンク

キンフォレストKF550とは?

近年アジアやヨーロッパで注目を集めているキンフォレスト。

その中でも人気のKF550は、世界各国のトップタイヤメーカーの上位モデルに採用されている左右非対称が特徴のバリアブルピッチパターンと呼ばれている先進技術を使用している。アメリカのタイヤメーカーから構造や材料、規格に至る全てを仕入れていることからタイヤの品質は、トップメーカーにも引けをとりません。さらに、キンフォレスト(KINFOREST)タイヤでは製品の品質を保つために、ECE、NOM、INMTRO、SABSAND、GCCなどの製品テストを実施し、それらのテストに合格して初めて納品されるという、厳しい審査を行っています。

グリップについて

キンフォレストKF550のグリップ性能に注目すると、幅広のセンターストレート2本のトレッドパターンが特徴。乾いた路面への高いグリップが期待できます。

このパターンデザインは一昔前の国産コンフォートタイヤにも共通しているものの、縦方向へのグリップに特に長けています。横グリップに関してはそれなりかな…という感じ。

ウェット性能について

また斜めに逃げる横溝はウェット走行時の排水に有効。これによりハンドリングに優れているといわれています。アジアンタイヤのウェット性能はそれなりと言われていますが、キンフォレストはそのウィークポイントを幅広の溝で対応しています。

乗り心地について

乗り心地はコンフォートタイヤという性格から通常なら柔らかめ。カテゴリーを越える装着も多いキンフォレストの乗り心地で不満は少ないと思います。

静粛性について

静粛性は人によって大きく感想が違うと思います。価格を考えれば静かな方という人もいれば、そうでない方も…。ただコンフォートタイヤは基本的に静粛性に優れているのでKF550においても不満をいだくほど悪くはないでしょう。

キンフォレストKF550の評判

ここからはキンフォレストの評判について紹介していこうと思う。

評判①

ロードノイズは想像以上に静か。高速走行時の腰砕けも少なく、今のところ走行に問題はありません。
アジアンタイヤですが、個人的には国産と比較してもそれほどの違いはないと思います。
インチアップしたので性能よりも安さ重視で選びましたが最高だと思いますね、

評判②

かなり静かに感じます。減ってからのグリップや高速走行でどうなるかはこれからになりますが、もともとの価格を考慮すれば、満足に値するタイヤだと思います。タイヤ寿命はどれくらいか不明ですが、たとえ短くてもまた買いたいです。

評判③

今まで何本も買っていますが、問題なく使用できています。今おすすめのタイヤは?と聞かれたらKINFORESTKF550を推します!

キンフォレストKF550の生産国

ヨーロッパやアジアなど世界各国で人気のタイヤメーカーであるキンフォレスト。このタイヤはどの国で製造されているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ずばりキンフォレストは中国発のタイヤメーカーになります。キンフォレストの品質は、トップメーカーの品質にも劣らないなど評判も上々なので中国タイヤの中でも比較的信用できるタイヤだと言えるでしょう。

キンフォレストKF550の引っ張りについて

トレッド面積を意識したデザインであることからショルダー部まで目一杯取ってあります。

またリムガードは浅く、引っ張りタイヤ感は無くなり直立した感じのサイドウォールの為、前から見た感じライトスポーツタイヤっぽくなります。ツライチ狙いの方はフェンダー干渉要注意です。

トップへ戻る