仕事の覚えが悪い人が意識すべき、6つのコツ

LIFE

社内で人材育成を担当していますが、仕事を教えていると他の人よりも覚えの悪い人が結構います。

仕事の覚えがいい人は当たり前にしている事を、仕事の覚えが悪い人はしていない事が非常に多いです。

そこで今回は、以下の人の参考になればと思い記事を作成しました。

  • 仕事の覚えが悪くて困っている
  • 早く仕事を覚えるコツが知りたい
  • 人よりも仕事ができるようになりたい

この様に仕事の覚えが悪い人は、仕事中にほんの少しポイントを意識するだけで、グッと仕事が覚えなります。

それでは、仕事の覚えが悪い人が意識すべき6つのコツを紹介していきますので、ぜひ参加にしてみてください。

 

スポンサーリンク

仕事の覚えが悪い人が意識すべき、6つのコツ

最も大事なことは、仕事を確実にこなしていく事です。

最初は仕事ができなくて当たり前。

しかし、上司や同僚から仕事を教えてもらっても仕事の覚えが悪い〝できない人〟のレッテルを貼られるのは絶対に避けたところ。

あなたが既に仕事の覚えが悪いと認識しているなら、これから紹介する6つのコツを知っておく必要があります。

それでは以下から確認していきましょう。

流れを把握する

仕事の覚えが悪い人は、1日の仕事の流れがつかめていません。

例えば、「この時間になったら〇〇する」「この業者さんが来たら、この書類を出す」など一日の中で数えると、結構たくさんの事が挙げられるかと思います。

この仕事の流れを把握する事ができるようになると、前もって動く事ができるので、周りの人からは「気が利く人」という評価を得られる事にもなります。

職場をじっくり観察して、1日の流れを掴めるようにしましょう。

メモを取る

仕事を早く覚えるには、仕事中にメモを取るのは欠かせないポイント。

でも、話を聞きながらメモをするのは難易度が高いですよね。

短い説明なら大丈夫ですが、上司から時間をかけて詳しくレクチャーしてもらった事を、一語一句漏らさず全部メモするのは無理だと思います。

そんな時は、自分が後でメモを見て理解できればいいので「走り書き」や「単語」だけでもOKです。

また、後で確認する為にメモを取るわけですが、実は文字を書く事によって記憶に残りやすくなる事から仕事を覚えやすくなるというメリットも期待できます。

さらに、メモを取るという事は上司から見ても、「仕事を覚えようとしている」心の表れなのでプラスの印象を与える効果も期待できるので、仕事の覚えが悪い人は、意識的にメモを取ることを心掛けましょう。

パターンを覚える

仕事中に分からない事があった場合は、上司や同僚に聞きますよね。

しかし、教えてくれる人によっては仕事の方法や順番が違う場合もあって、「誰の言った事を信じればいいの?」と悩みのスパイラルに迷い込む人も少なくありません。

仕事の覚えが悪い人なら特に深く悩むと思いますが、そんな時は「教えてくれた人それぞれのパターンで覚える」のがオススメです。

人により方法や考え方は違って当然。むしろ色々なパターンを知っていると、様々な状況に合わせてパターンを変える事ができるので仕事の幅が広がり、予想外のことが起きても対応できる応用力が身に付ける事ができるのです。

仕事の覚えが悪いは、一つ一つのパターンで覚えると単純明解で分かりやすいのでおすすめです。

復習する

復習といえば学生時代を思い出しますが、社会人になっても復習は必要。

一度覚えたことを、繰り返し確認する事でより覚えやすくなる効果が期待できます。

社会人になってからは復習をしなくなる人も多いですが、仕事の覚えが悪い人には特に効果的なので、ぜひ取り入れて下さい。

基本的にいつ復習してもいいとは思いますが、「今日学んだ事は今日の内に」が理想。

例えば、午前中に教えてもらった事を昼休みに読み返したり、午後に学んだ事は帰宅後に復習したり等、少しで良いので時間を作ってみて下さい。

復習する時は、メモを利用するとさらに効果的なので、ぜひ活用しておきましょう。

イメージトレーニング

仕事の覚えが悪い人には、イメージトレーニングも有効な方法です。

実際に仕事で失敗したこと、成功したことなどを、空いた時間などを利用して頭の中で「仕事をしている自分をイメージ」をしてみましょう。

  • もっと上手くいく方法があったかもしれない
  • 失敗したけど、違う対処をしていれば…
  • 違う言い方なら相手に伝わったかも?

この様に仕事で失敗した時は、特にイメージトレーニングは効果的です。

また、覚えた仕事内容のおさらいにもなるので、日々のイメージトレーニングの習慣化はオススメです。

時間を意識する

仕事の覚えが悪い人は、時間を有効に使えていない人がとても多いです。

時間を意識する事なく闇雲に仕事をするのと、時間を意識しながら仕事をするのとでは結果に大きな違いが出ます。

時間を意識すると必然的に、限られている時間内でどれだけの事ができるか?と段取りを取ろうとする行動に至りますが、仕事を覚える上でも欠かせないポイント。

なぜなら、時間を有効活用するなら無駄を省く必要があり、仕事の覚えが悪い人は頭の中で明解に仕事の順番の位置付けをすることが、仕事を覚えることに繋がるからなのです。

時間を意識して仕事をするなら誰もが、即座に実践できるはずなので明日から取り入れるべきです。

 

まとめ

仕事は、成功と失敗の繰り返し。

重要視するべきなのは、そこから何を学んで、成長するのか?という事です。

今回ご紹介した、「仕事の覚えが悪い人が意識すべき6つのコツを」をこれからの仕事面での成長の為に参考にしてみて下さい。

LIFE
スポンサーリンク
HOT!?
トップへ戻る