アマゾンのサクラレビューに注意!レビュワーの見分け方を分かりやすく解説

BUY & SELL

アマゾンで商品の選び方は、レビューがポイントですよね。

ただ、レビューを見て安心していたのに使ってみたら思っていたのと違った…という経験ありませんか?もしかしたら参考にしたレビューはサクラかもしれません。

今回はそのアマゾンのサクラレビューを見分ける方法を詳しく紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アマゾンのサクラレビューについて:

アマゾンのレビューには信用できないものも存在しています。

というのもアマゾンのレビューは、購入の有無に関係なくレビューすることが可能なので商品の出品者が自分でレビューすることだってできちゃいます。

そんな悪どいマネをする人がいないと言いたいところですが、確実にいます。そういった方々は、以下の理由があってレビューを利用しているみたいです。

  • 自社の商品をアピールしたい
  • 他社の商品への妨害    など

このようなレビューはアマゾン側でどうにか対策を講じてもらいたいのですが今のところ個々で判別していくしかないのが現状なので事前に見分け方を把握しておく必要があります。

 

アマゾン内のサクラを判別する見分け方:

アマゾンの商品レビューの見分け方をお伝えしていきます。

サクラには一体どんな特徴があるのか知りたい…という方は以下から確認していきましょう。

① 販売が始まって直ぐなのにレビューが多い:

商品レビュー数は発売を開始してから徐々に多くなってくるのが自然です。しかし、発売からそれほど月日が経過していないにもかかわらずこのような商品の場合、4つ星もしく5つ星のどちらかであることが多いです。

確かに人気商品であれば短期間でレビュー数を多く集める可能性もなくはないですが、即購入するのは避けて時間を置くなどして少し商品レビューの流れを注視した方がよさそうです。

販売開始日(取扱開始日)の確認は、商品ページの登録情報から確認する事ができます。

② レビュー数の比率が不自然:

アマゾンのレビュー数は一覧表で比率を確認することができます。

このレビュー数の比率が自然であれば極端に偏ることは少ないのですが、サクラによるレビューが多い商品はこのレビュー数を表す比率が極端に良い傾向があります。

レビューは人それぞれの考えがありますが、比率が極端だと不自然すぎるので注意してください。

③ Amazonカスタマーのレビュー:

レビューを書くときに投稿者の名前を登録していない場合、Amazonカスタマーと表示され、こちらが氏名の代わりになります。単純に前もって名前を変更したしていないという人も多いのですが、サクラのレビュワーの多くはこの投稿者名になっています。

ちなみにこのAmazonカスタマーの投稿者名からその人がレビューした商品とコメント内容を確認できます。他の商品レビューがない、少なかったりしたら意図的なサクラレビューの恐れがあります。

④ フルネームの名前が多い:

レビューを確認しているとレビュワーの氏名に日本人を想像させるフルネーム氏名のコメントが多いなら要チェックです。

一般的にレビュワー名は、本名を使おうとする日本人は極めて少ないです。ニックネームやあだ名のように個人を特定されないレビュワー名の方が多いはずなので、フルネームの比率が多いなら、そのレビューはサクラかもしれません。

⑤ 日本語がおかしい:

レビューのコメントを見ていると日本語で書いてある文章がおかしいことがあります。

単純に打ち間違いの誤字、脱字かもしれないですが、あきらかに誤字や脱字が多いなら外国の方によるサクラレビューかもしれません。

⑥ ほとんどがポジティブなコメント:

商品の良し悪しは人それぞれです。しかし、レビューがポジティブな良いことばかり書いてあるなら逆に信用できないレビューかもしれません。

ポジティブすぎるコメントが複数あるのは不自然すぎるし、またこの場合は商品内容のなぞり書きのような内容であることが多いので注意しましょう。

 

過去レビューでもサクラを見分けられる:

あやしいレビュワーを発見した!そんなときは過去に他の商品をレビューした経歴からサクラかどうか判断することができます。

なにを見ればいいのかわからない…という方は以下の3つに該当するか確認しましょう。

商品の画像がない:

あやしいと感じたレビュワーが今までレビューし画像があれば一緒に表示されます。レビュー時に画像付きにしたりしなかったりすることもありますが、過去レビューに画像が一切ない場合はサクラの可能性があります。

レビューはすべて同じ販売元:

過去レビューがすべて同じ販売元なら高確率でサクラかもしれません。

意図的に特定の販売者に向けてレビューを繰り返していることから、販売元が雇用している人が書いていることが容易に想像できます。

商品は必ず5つ星:

これまでさまざまな商品にレビューしていても、5つ星の評価しかつけていないレビュワーは信用できないサクラの可能性が高いです。

このケースは、これまで満足できる商品のみを選んできたのか、または良かった商品にしかレビューしないという考えなのかもしれません。

そもそも全てのレビューが5つ星なので、商品レビューとしては良いか悪いかの判断がつきにくいので参考にしない方がいいと言えます。

 

アマゾンに信頼できるレビュアーはいないの?

サクラのレビュワーに惑わされずに商品を購入するには、前述した見分け方と同時に信頼できるレビュワーの意見を参考にしましょう。

ベストレビュアー:

商品レビューの投稿者名に「ベストレビュワー」と表示してあるレビュワーは割と信用することができると思います。

このラベルがある人はレビューの経験が豊富で質の高いレビュー内容がアマゾン側から認められたレビュワーを示しています。ベストレビュワーと一緒に表示してある数字はランキングのようになっていて、1000なら1000人の中の1人、NO.1なら1位という意味になります。ちなみに最高ランクになると殿堂入りとなり、商品レビューの達人になります。

もちろん上位になればなるほど信用度は高まる傾向になります。

Amazon VINEメンバー:

Amazon VINEメンバーという名前の人は、新たに販売された商品のモニターをしているレビュワーです。

Amazon VINEメンバーに商品のサンプルを無償で提供して商品をレビューしてもらうシステムです。

アマゾンから依頼されたレビュワーなので信頼はできますが、少し緩めのジャッジをしている気が…。なにしろ無料で新商品を使えているので、そのことも影響しているのかもしれませんね。

非表示にしたい場合、フィルターでAmazonで購入のみを選択すると、レビューを表示させないことも可能です。

 

購入していないレビュワーはフィルターにかけよう:

レビューを参考する場合、購入していないレビュワーを限定してからコメントの確認をしましょう。

未購入のレビューワーはサクラかもしれませんし、実際に購入した人のレビューの方がもちろん参考になります。Amazonのレビューは購入者のみを表示するフィルター機能があるので使うようにしましょう。

 

まとめ:

これまで解説したようにAmazonの商品レビューを確かめるためにご紹介したしポイントを把握しておきましょう。

普段なにげなく見ていたAmazonのレビューについて、より知識を深めてご紹介したサクラの見分け方の知識を商品選びに役立てていただければ幸いです。

以上、「アマゾンのやらせレビューに注意!すぐに使えるサクラの見分け方」…という話題でした。

トップへ戻る