オールシーズンタイヤ・夏タイヤ・スタッドレスの違いを比較!メリットやデメリットなど性能の違いについても徹底解説。

利便性と使い勝手の良さで人気のオールシーズンタイヤ。

実はサマータイヤ、スタッドレスタイヤとは大きな違いがあり、使い方を間違えると危険性が高まってしまう。

それぞれのメリットとデメリットを把握し、違いを明確にすることで、この誤った使い方を事前に防ぐ必要がある。

今回は、その違いを解説していきたいと思う。

それでは早速、始めよう。

 

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤとは:

まずは、オールシーズンタイヤとはどんなものなのか見ていこう。

タイヤを大きく分類すると、夏タイヤ、スタッドレスタイヤがあり、降雪が多い地域では季節に合わせて交換する必要がある。

この2種類の性能を併せ持つのがオールシーズンタイヤだ。その名前からも分かるようにどの季節でも走行することが可能になる。

つまり、晴れているドライや雨で濡れているウェットな路面はもちろんだが、雪が降り積もる冬でも走行が可能になる。

ただ、オールシーズンタイヤへの交換を検討している方が事前に把握しておくべき注意点は、雪道への対応力。

オールシーズンタイヤは、道路に雪が降り積もっている浅雪、雪が踏み固められた圧雪路、柔らかくシャーベットのような雪なら問題なく対応できるが、気温が下がることで凍結したアイスバーン状態の道路は走行することはできない。

厳しい雪国での過酷な状況化での使用は考慮されていないタイヤなので、凍結路への性能は期待できないので注意が必要だ。

 

オールシーズンタイヤ・サマータイヤ・スタッドレスタイヤの違いを徹底解説:

以下の図に、オールシーズンタイヤとサマータイヤ、スタッドレスタイヤの違いを書き出した表だ。

この表を元に、以下からそれぞれの違いを詳しく解説していく。

スタッドレスタイヤ オールシーズンタイヤ サマータイヤ
ドライ △ ○ ◎
ウェット △ ○ ◎
浅雪・圧雪 ◎ ○ ✕
圧雪 ◎ ○ ✕
シャーベット ◎ ○ ✕
アイスバーン・
凍結路 ◎ △ ✕
高速道路冬用タイヤ規制 通行可 通行可
(商品による) チェーン装着必須
全車チェーン規制 チェーン装着 チェーン装着 チェーン装着

スタッドレスタイヤとの違い:

オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤ、両者の違いは、アイスバーンや凍結しているときの氷上性能だ。

もともとオールシーズンタイヤは、圧雪やシャーベット状などの氷雪には対応できるが、ツルツルに凍っている氷上には対応していない。

このことから、積雪の多い雪国や山間部など凍結する地域での使用はできないことになる。もし使用するのであればチェーンとの併用は必須だ。

また、通常のドライやウェットグリップを比較した場合、オールシーズンタイヤの方がスタッドレスタイヤよりも有利。

これはスタッドレスタイヤがアイスバーンや凍結時の雪道でも通常走行できる冬用タイヤとして専用設計されているのが理由だと言える。

スタッドレスタイヤが、氷雪・氷上でもよく効く代りに通常時のドライ・ウェットの制動力は劣り、逆にオールシーズンタイヤは、氷上を走行できない代りに氷雪性能やドライ・ウェットでは優れていることを抑えておこう。

サマータイヤとの違い:

タイヤの役割となる、走る、止まる、曲る、といった基本性能では、オールシーズンタイヤとサマータイヤに違いはない。

とはいえ、乗り心地や静粛性を重視したコンフォートタイヤやグリップ力に特化したスポーツタイヤなど、いわゆる専用として開発・製造されているものには性能面で劣ってしまう。

また雨天状況での制動力についてもサマータイヤが優勢。

オールシーズンタイヤはサマータイヤとして基本的な役割は果たすものの、一つ一つの性能を比較してみるとその違いは明らか。
全体的なタイヤスペックとしては、サマータイヤよりも劣勢であると言えるだろう。

 

オールシーズンタイヤのメリット・デメリット

ここまでオールシーズンタイヤとサマータイヤ・スタッドレスタイヤの3つの違いについて解説してきたが、念のためメリット、デメリットを以下から再確認しておこう。

オールシーズンタイヤのメリット:

  • 想定外の雪でも慌てることがない
  • 季節によってタイヤ交換をする必要はない
  • タイヤ交換がないから工賃は浮揚
  • タイヤの保管場所も不要
  • 夏・冬それぞれタイヤを個別にタイヤを買うよりお得
  • 高速道路の冬用タイヤ規制にかからない(商品によっては×)

オールシーズンタイヤのデメリット:

  • アイスバーン・凍結しているなら走行不可
  • 燃費・グリップ・乗り心地はやや劣る
  • タイヤの種類がなく選択肢が少ない
  • 寒冷地での使用はチェーンが必要

メリット、デメリットはこのようになっている。車を使用する地域や使用用途によって十分に比較検討するようにしよう。

 

オススメのオールシーズンタイヤ:

ここからは、おすすめのオールシーズンタイヤを紹介しよう。

グッドイヤー Vector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)

グッドイヤーのオールシーズンタイヤは、人気の高さと実績が魅力。装着率は国内で最も高く、その性能の良さに満足した方がそれだけ多いということが伺える。
ドライやウェットともに安定した走行が可能。また、雪上も軽微なら問題なく防いでくれる。
高速道路上の冬用タイヤ規制にも対応しているので、遠出が多い方には特におすすめする。
タイヤサイズも他のメーカーより豊富にラインナップされているため、多くの車種に使用できるのも◎

ピレリ Cinturato ALL SEASON(チントゥラート オールシーズン

「オールシーズンタイヤならグッドイヤー」そんな国内市場の流れを変えるべく登場したチントゥラート オールシーズン。

ピレリはF1でも採用されている老舗の大手タイヤメーカーですが、オールシーズンタイヤはまだまだ認知度が低いものの、シールインサイド(Seal Inside)テクノロジーによりクギなどを踏んでもエアー漏れを防いでくれるのは安心できるポイントになる。

日本国内よりも欧米で先行販売され、その実績は現地でも高評価を受けている。

ただ、国内市場に流通しているタイヤサイズが豊富ではないのが難点だ。ラインナップされていないタイヤサイズも多いので、購入前に確認しておこう。

 

オールシーズンタイヤを選ぶときの注意点:

オールシーズンタイヤと同じカテゴリーに分類されがちなオールテレーンタイヤとマッドアンドスノータイヤ。

しかし形式上ではオールシーズンタイヤと同じく雪上での走行が可能だとされているが、事実として走行不可と考えて良いだろう。

雪道での走行に対応しているか確認する方法は、タイヤのサイドウォールの刻印されている以下のマークを確認してみよう。

  • 「SNOW」
  • 「M+S」
  • 「MUD+SNOW」

刻印があるタイヤであれば雪道でも使用できるオールシーズンタイヤだという事を示している。

逆に刻印がない場合は、雪道には対応していないので注意が必要だ。

Vector 4SeasonsとCinturato ALL SEASONを先ほどオススメとしてご紹介したが、もちろん刻印されているので安心してほしい。

さらにこれらのオールシーズンタイヤには「スノーフレークマーク」が刻印されている。このマークは、「Severe Service Emblem」(シビアサービスエンムレム)とも呼ばれているが、寒冷地の中でも特に厳しい環境でも雪上性能を損なうことなく発揮することが可能であるタイヤだけに与えられるものである。

 

まとめ:

様々な路面状況に対応できるオールシーズンタイヤは、多機能で使い勝手のいいタイヤだといえる。

ただ比較対象になる夏タイヤ・スタッドレスタイヤの性能との違いをあらためて比較した場合、幅広い状況に対応するオールマイティさの代りにコレといった突出したスペックを感じないタイヤだということにもなる。

オールシーズンタイヤの使用を検討しているのであれば、使用する地域の気候やどれだけ雪が降り、凍結するかなどの使用環境を十分に考慮して選ぶ必要があるだろう。

  • めったに雪は降らない
  • 道路が凍結することがない

などに当てはまる方には利便性を高め、トータルコストを抑える選択肢の1つになるはずだ。

近年は、異常気象による影響で雪が降らない地域でも道路に雪が降り、交通機関がマヒすることも少なくない。そんな時のためにオールシーズンタイヤで事前に備えておくことで安心を手に入れてはどうだろうか。

もしも道路が凍結する可能性があるならチェーンを用意し、必要に応じて併用するとさらに安全性を高めてくれるのでおすすめだ。

 

CAR
スポンサーリンク
HOT!?
トップへ戻る