オールシーズンタイヤの乗り心地を解説!

タイヤ

快適さを重視するユーザーなら必ずチェックしておきたいオールシーズンタイヤ。

今回はこのオールシーズンタイヤの乗り心地をわかりやすくまとめてみたいと思います。これから使ってみようと考えている方はぜひこの機会に把握しておきましょう。

 

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤとは:

オールシーズンタイヤは、全天候型タイヤと呼ばれていて近年は注目度もグングン高まっていて、各メーカーからオールシーズンタイヤが発売されています。

その言葉からも分かる通り、夏タイヤと冬タイヤの性能があるオールマイティなタイヤです。

全ての季節で使用できるので冬はスタッドレス、夏はサマータイヤといった季節ごとの交換の手間が不要になり、工賃、費用といったコストも抑えることができます。

通常だと、サマータイヤとスタッドレスタイヤをそれぞれ所有することになり、履いてない期間は保管する場所が必要ですが、これもいらなくなります。タイヤの保管場所を有料で借りている方はこの費用も節約するとができます。

雪上性能としては、降ったばかりの浅雪、シャーベット状など人が歩ける程度の雪道なら走行可能ですが、スタッドレスタイヤのようにアイスバーンを想定した氷上性能がないタイヤなので凍結時は走行できない点は注意が必要です。

凍結した雪道を走行する可能性があるならスタッドレスを履くようにしましょう。

 

オールシーズンタイヤの乗り心地について:

まず最初に結論から言うとサマータイヤ、スタッドレスタイヤよりも「乗り心地」は少し劣ると言われています。

オールシーズンタイヤのタイヤパターンはワイルドでゴツゴツしたものが多く、ゴム質も硬いので、乗り心地があまり考慮されていないのかもしれません。

基本的な性能面でもドライ、ウェット、燃費などについても他のタイヤと比較すると少し劣る傾向にあるようです。

もちろんタイヤの銘柄によってはその乗り心地も変わりますし、乗り方や道路状況も関係してくるので一概に「オールシーズンタイヤ=乗り心地が悪い」とは言い切れませんが、その傾向は把握しておく必要がありそうです。

 

オールシーズンタイヤの乗り心地についての口コミ:

ここまでの解説で、オールシーズンタイヤの乗り心地について理解されたところで、続いて実際に使用したユーザーの感想を確認しておきましょう。

軽自動車で使用してます。

街乗りでは乗り心地ロードノイズとも合格、高速道路は未走行なのですが法定速度以下なら問題ないのでは、雪道が楽しみです。

ロードノイズは多少大きいですが慣れれば気にならなくなります。

その分ソフトな乗り心地になり、首都圏の大雪程度ならノーマルタイヤより安心して走れるのでメリット大です。

乗り心地は、新品のためか路面に対してフワフワと柔らかい印象を受けます。

一般道しか走っていませんが、タイヤの振動や音はほぼ気になりません(当方ミニバン)ブレーキングもカーブも普通の感じ、ややゴムの柔らかさを感じる程度。

住宅街の路地も直角カーブも違和感なく走れます。

※あくまで個人的な感想にはなりますが、このような意見が多くありました。

一般的に乗り心地が劣るとされているオールシーズンタイヤは、口コミではそこまで乗り心地に不満がでるほど悪くはないようです。

口コミを踏まえると、各タイヤメーカーでも乗り心地に対して日々改良を重ねて進化しているのかもしれません。

また、すり減ったタイヤから新品への交換なら、逆に乗り心地や静粛性といった快適性が向上することも期待できそうですね。

  • 雪国に行くわけではない…
  • 突然、雪が降った時に走れれば…
  • スタッドレスタイヤまでは必要がないと思う…

この様にお考えの方なら十分に用途を満たしてくれるはずなので、タイヤ選びの一つの選択肢となると思います。

 

まとめ:

ここまでオールシーズンタイヤの乗り心地について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

乗り心地はそこまで悪くはないようですが、使用環境や地域には注意が必要なのは変わりませんが、メリットが多いオールシーズンタイヤが有益なタイヤ選びの一つの選択肢になるので、機会があれば是非試して頂ければと思います。

以上、オールシーズンタイヤの乗り心地はと口コミを解説!…という話題でした。

 

トップへ戻る